信託とは?代理と信託の違い、信託財産について

他人に財産を管理してもらう制度=信託

「信託」とは信用して任せるという意味です。

委託者=財産を持っているAさん
受託者=Aさんが信頼する他人Bさん(信託銀行など)
受益者=利益を得る人

財産を持っているAさんが他人のBさんに財産を譲渡してBさんはAさんの財産権を得ます。

譲渡された財産を「信託財産」と呼ぶのですが
この信託財産をAさんが定めた目的に従ってBさんが管理や運用、または処分をします。

運用することによって得られた利益を誰に与えるのかということをAさんとBさんで決めます。
委託者本人(Aさん)または第三者(Aさんの子供、孫など)が利益を得ることができます。
他人が財産の管理をする制度の一つで、「信託」とはこういった法的な関係性を意味します。

代理と信託の違い

これら2つは似ていますが、法的には大きく異なります。

①名義
代理では財産の持ち主が名義人となりますが、信託では運用や管理を行うBさんが名義人になります。

②管理処分権
財産を処分できるこの権利、代理では財産の持ち主Aさんと、管理などをするBさんの両人に権利がありますが、信託ではBさんのみの権利となります。

③終了時
管理などをするBさんが死亡した場合、代理では法的関係が終了しますが、信託では
Bさんが死亡しても終了せずに新たなBさんが選任されて法的関係が続いていきます。
信託財産について

AさんがBさんに信託できる財産の種類に制限などはありません。

例えば土地の場合、形式的にはBさん所有となりますが
利益を得る人のための財産なので、Bさん個人の財産やまた別の人から受託している財産とは別のものとして取り扱いされます。

そのため、もしBさんが自己破産などをして債権者から差押えなどされたとしても、Aさんの土地は強制執行されたり競売にかけられることもありません。

債権者などの第三者にその土地がBさんの信託財産であることを証明するには登記・登録が必要になります。

専門家に登記などをまかせたい方はこちら

遺言信託のメリットを見る

タグ: 信託財産
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る