遺言信託のメリット|スムーズに相続したい人向け

遺言信託

信託という言葉を聞き慣れないという方も多いのではないでしょうか。

まずは、前提知識として押さえておきたい用語から説明からします。

信託というのは、契約や遺言によって、特定の誰かに財産の管理や処分を任せることをいいます。

また、信託契約によって依頼をする側を委託者、依頼される側を受託者、信託によって利益を受けるものを受益者といいます。

では、遺言信託とはどういったものなのでしょう。

今回は、遺言信託のメリットとスムーズな相続ができる理由をご紹介します。

遺言信託をすることによるメリット

それでは最初に遺言信託のメリットから確認していきましょう。

委託者のメリット

1、委託者の財産が守られる

信託によって委託者の財産の所有権は受託者に移ることになります。

これによって、仮に委託者が倒産などをした場合でも、対象となった財産は影響を受けることがなくなります。

2、死亡後の財産管理をしてもらえる

委託者が死亡してしまっても、受託者との信託契約によって子や孫の生活を守る財産管理をすることができるようになります。

3、委託者は受益者を自由に指定することができる

委託者の意思を尊重し、受益者を自由に指定することができます。

受益者のメリット

1、なにもしなくても利益を得られる

基本的には受託者が財産の管理や処分を行うことになるので、受益者はなにもする必要がありません。自動的に利益を得ることができます。

2、受益権を譲渡・売買することも可能

受益権を譲渡することも可能となっています。
なお、売買については、パターンによっては注意点もあるので、個々の事情について専門家の意見を参考にしましょう。

信託会社などによる遺言信託でスムーズな相続

信託会社などでは「遺言信託」という業務を行っています。

こちらでは、遺言の作成から保存、信託会社側が遺言執行者(遺言にのっとった財産の分配をする権利がある者)として、遺言の内容どおりに財産を管理・処分するといったことも行っています。

遺言信託をすることによって、通常の遺言とは異なる財産管理ができるようになるわけではありませんが、遺言執行者を任せられる相手がいない場合に、信託会社が有効となることがあります。

スムーズな相続のために、遺言執行を依頼できるという点は、まさに遺言信託のメリットといえます。

これによって、自身の死亡後の遺言執行を任せられる方がいなかったとしても、スムーズな相続が可能になるというわけです。

信託の利点

①自分より運用、管理能力が高い人に適切な財産管理をお願いすることができる

信託では財産の管理処分権がBさんにしかありませんので、例えば委託者のAさんが高齢であった場合
悪徳商法の被害を受けてしまったりした場合にも財産を失うことがなく、徹底した管理をすることができます。

②破産、倒産のリスクを負わない

信託財産には「信託財産の独立性」というものがあります

AさんがBさんに信託した財産は、双方から独立した財産となることが法的に決められているため
Aさんが破産しても債権者は差し押さえることができず
Bさんが破産(倒産)したとしてもBさんは信託財産の管理権者に過ぎず債権者は差し押さえることができません。

このように、Aさん、Bさんに破産などの事態が生じても信託財産に影響を受けることがありません。
これを「信託の倒産隔離機能」と呼びます。

③自分の意思を死亡後も継続できる

信託を設定(AさんがBさんに依頼)した後にAさん死亡した場合でも
信託関係に影響することがなく、信託を設定した時のAさんの意思がそのまま尊重され
これを「意思凍結機能」と呼びます。

④争いのない相続対策ができる

Aさん(委託者)が賃貸不動産などの事業用不動産を所有していた場合
相続人が長期間にわたり事業用不動産からの配当が得られるようにすることができます。

そのためには「後継ぎ遺贈型の受益者連続信託」を活用する必要があるのですが
相続人同士が不仲だった場合、相続人の一人が破産してしまったとしても
他の相続人には全く影響を及ぼすことがありませんので、争いを防ぐことができます。

話題の孫への教育資金贈与についてはこちら

※信託契約終了まで利益を得る人(受益者)は、Aさんが最初に定めた内容で配当を
受け取ることができますが、信託契約が終了するまで信託財産の全てを売却することができません

タグ: 遺言信託
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る