生前贈与で相続税対策

生前贈与(生前分与)とは、被相続人が死亡する前に自身の意思で相続人等に財産を渡すことを言います。

被相続人が死亡し、相続人が財産を譲り受ける通常の相続とは区別します。

生前に財産を減らしていく方法によって、相続税の納税額そのものを減らしていこうと考えていく方法です。

生前贈与を利用して、相続財産をあらかじめ相続人に移しておく方法や不動産を賃貸することで、不動産の評価自体を下げる方法が主流となります。

【関連記事】贈与は不動産かゴルフ会員権がお得|相続税対策

注意したいのは「贈与税の税率」

この生前贈与(生前分与)は、相続税の節税方法として使われます。

しかし、気をつけなければならないのが、贈与税の税率は、相続税の税率よりも大きく設定されているということ。

慎重に事を進めないと、かえって多額の税金を払うという結果にもなってしまいますので注意が必要です。

生前贈与(生前分与)をうまく活用する

例えば、3人に毎年110万円ずつ、10年間贈与した場合、贈与税は0円となります。

しかも、3300万円の相続財産を減らすことになり、その分相続税が軽減されるのです。

一度に多額の贈与をすると重い贈与税がかかってしまいますので確認は必ずしておきましょう。

また、被相続人が亡くなる日から3年以内に贈与された財産の全てが相続税の課税対象になってしまうので、注意が必要です。

【関連記事】3年以内の贈与でも相続税がかからない3つのケース

「相続税対策を始めたい・専門家のアドバイスがほしい」という方は、相続対策コンサルタントにご相談ください!

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る