相続税対策はお金持ちのためのものじゃない!

「相続税対策」という言葉をよく耳にしますが、実際はどのようなことなのでしょうか?
「お金持ちしか関係ないんじゃないの?」と思われている方も多いのではないでしょうか。

都内の4世帯に1世帯が相続税の対象!?
サラリーマンも課税対象になると噂されている「2015年 相続税改正の3つの落とし穴」

相続税対策というのは、相続があった時に納める税金をできるだけ少なくしようとすることです。

相続税対策は多くの対策を組合せ、できるだけ早い時期から始めることにより大きな効果を得ることができます。

逆に、被相続人が無くなる直前に、あわてて相続税対策を行ってしまうと、失敗する可能性が高くなるのです。

相続税対策を組み合わせて大幅にトクしよう

また、相続税対策は、ひとつひとつの効果は小さいものですが、多くの対策を組み合わせることによって、大きな効果を出すことが可能になります。
相続対策の専門家に相談してみるのも、ひとつの手です。

相続税は、人の死亡により財産を相続又は遺贈により取得した人に対して課税される税金です。

個人間の資産格差の調整のため、一定金額を超える財産を取得した場合には、その財産から一定額を相続税として納税してもらうというものです。

取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありません。

控除と贈与と養子で相続税対策

賃貸アパートと自社株を使った相続税対策

相続税がふくれあがると恐ろしい自体が発生する…

しかし、相続税は働くことなく得た所得に対する税金として扱われますので最高50%(!!)の高い税率となることもあり、闇金並みに膨れ上がります。

相続税ほど、怖い税金は他に無いかもしれません。

「相続税対策を始めたいけれど、何から手をつけていいかわからない」という方は、相続対策コンサルタントの無料相談をご利用ください!

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る