節税だけが相続対策ではないって本当?

相続対策と聞くと節税ばかりに目がいきがちですが、相続対策というのは節税だけをしていればいいというものではありません。

その他にも、納税資金対策や親族間で揉めないための事前準備といったものは欠かすことができないといえます。

また、どれかに偏ってしまった結果、すべてが無駄になってしまうこともあります。

相続税対策、納税資金対策、親族間対策の3つすべてに目を配り、バランスのよい相続対策を実行するようにしましょう。

納税資金対策の重要性

過去において、不動産はいつでも売ることができる財産といえました。

しかし、現在では簡単に不動産を売ることができなくなり、不動産だけを相続財産として残されたとしても、納税資金を作るのが非常に難しくなってきています。

また、仮に売れたとしても、相続税評価額より低い金額でしか買い手がつかないといったこともめずらしくはなく、必要以上に納税を迫られてしまうこともよくある話です。

こうしたことから、現在ではすぐに納税できる現金の重要性が増してきています。

節税ばかりに気をとられ、納税資金対策がおろそかになってしまっては、残された親族たちが納税資金に追われてしまいかねないのです。

親族間の争いを事前準備で防ぐ重要性

こちらは今にはじまったことではありませんが、相続時の親族間の争いというのも大きな問題といえます。

相続税対策によって節税をし、納税資金対策によって納税資金を準備できていたとしても、相続財産をめぐる親族間の争いがはじまってしまっては、努力の甲斐がまるでありません。

相続財産とは、生きてきた証のようなものです。それをめぐって醜い争いがはじまってしまうのであれば、1円たりとも残さなかったほうがよかったとさえ感じてしまいます。

そうならないためにも、分割財産についてはしっかりと検討をし、後々揉め事にならないようにと事前に準備をしておかなければなりません。

こうした親族間の争いを事前に防ぐ準備というのも、立派な相続対策の一部です。

財産を残しただけで終わりではない、ということを必ず頭に入れておきましょう。

相続対策は3つのバランスをうまく取る

相続税対策、納税資金対策、親族間対策という、3つの対策をしっかりと行えば、十分な相続対策を実施しているといえます。

なにか1つでも欠けてしまえば、それは不十分な相続対策になってしまいます。

せっかく自身の財産を配偶者や下の代へ残していくのですから、自身も相続人も損をせず、また、揉め事に発展するようなこともなく幸せな相続を行えるように、この3つを意識するようにしてください。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る