親から始める相続税対策の進め方

「相続なんてまだ先の話」
「今から死んだ後のことなんて考えたくない」

このように考えている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、相続対策というものは早くから始めるに越したことはありません。

特に相続税については、ギリギリになればなるほど、損をしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

子から相続対策なんて言葉は、なかなか言い出せるものではありませんので、相続税対策は親のほうから言い出すことが、なによりも重要となります。あくまでも財産の所有者であるのは親のほうです。

相続税対策は親の決断がスタートライン

相続税対策が重要だと言われていたのは、大増税時代と言われている昨今からはじまったことではありません。

もっと昔の時代から相続税対策は重要だと言われ続けてきました。

しかし、実際に対策を行っている方は、実はあまりいないのが現状です。というのも、将来やってくる相続税を支払うことになるのは、子のほうであるにも関わらず、親の相続の話題は簡単に出せるものではないため、親側の意識の低さが相続税対策を歯止めてしまっているわけです。

相続税対策をスタートさせるには、まずは親が相続についての話題を出さなければなりません。

親から、子に声をかければ大きく前進する

親から相続についての話題が出れば、子はほとんどの場合でそれに応じてくれるはずです。

いったい親にどの程度の財産があるのかもわからない、相続税が発生するのかどうかもわからない・・・といった具合に、相続に対する不安は子のほうが圧倒的に多いといえます。

気になっていたところで親のほうから、相続についての話題が出たとなれば、状況は必ず大きく前進することになります。

お互い協力しながら相続について学び、わからないことがあればインターネットや本などを参考にしながら、相続税対策を進めることが理想的といえます。

専門家への相談は一緒に足を運ぶ

どうしてもわからないことがある場合や、自分たちだけでは不安に感じることがあるのであれば、専門家への相談を検討してみましょう。

また、市区町村役場などで無料相談を実施していることもありますので、そういった場所へは積極的に足を運ぶようにし、具体的な知識を深めましょう。

また、専門家へ相談に行く場合は、可能な限り親子そろって足を運ぶようにし、専門家のアドバイスは両者そろって聞くように心がけましょう。こうした努力をしていれば、必ず相続対策は成功し、親族争いや無駄な税金を支払うこともなくなるといえます。

相続対策の無料相談はどこでできる?

関連記事

改正後の相続税対策|賃貸アパートと株

改正後の相続税対策|控除と贈与と養子

タグ: 相続税対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る