四十九日法要と百か日法要では何をするか?

四十九日法要や百か日法要とは、亡くなった方のご冥福を祈るための法要や読経のことをいいます。

これらの法要は追善供養とも呼ばれ、ほとんどが亡くなった方の命日前後に行われます。

  1. 四十九日法要には何をするか?
  2. 百か日法要にはなにをするか?

1.四十九日法要には何をするか?

仏教の場合、亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。
なかでも、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。

この間は七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目とされているそうです。

四十九日目は別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます。

遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行って故人が成仏できるように祈ります。

四十九日の数え方

亡くなってからの日数の数え方については、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。

四十九日は、亡くなった日を1、翌日を2と数えて49日目に行われる法要です。

四十九日に行われる主な行事

忌明けの法要(満中陰法要、七七日法要とも言われます)

  • 納骨……四十九日に行なわれる場合が多い。遅くとも三回忌までに納骨する
  • 開眼供養(仏壇開き)…新規に仏壇を購入した場合のみ

なお、 法事の日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。

四十九日法要で用意するもの

施主は引出物を用意します。

参列者は、御供物料、御仏前、御香料などを持参します。
なお、四十九日の法要のあと納骨されるケースが多いようです。

2.百か日法要には何をするか?

百か日は<b>卒哭忌</b>(そっこくき)ともいいます。

「哭」は、声をあげて泣きさけぶ、「卒」は、終わる、という意味です。

故人を思い、泣き悲しんでいた親族や近親者たちも泣くことをやめる頃、それが百か日を迎える頃だということから、卒哭忌といわれるようになったのです。

この日は、元来は、近親者や故人の友人・知人を招き、僧侶を招いて供養を行うものなのですが、<span style=”color: #008000;”>最近は、遺族だけで内輪ですませることが多いようです。
</span>さらに最近では、省略されることも多いんだとか。

この百か日法要をお寺などで正式に営む場合には、故人の供養とともに施餓鬼会(せがきえ)を行う習わしもあります。

施餓鬼会について詳しくはこちら(外部サイト)

また、地方によっては、四十九日ではなく、百か日に位牌を仏壇にまつるところもあるようです。
故人が亡くなった悲しみに区切りをつける日です。

納骨は四十九日を過ぎて、百カ日、一周忌に納骨することもあります。

これらの冥福を祈るための行事は、<b>法要</b>といい、初七日から三十三回忌まであります。

不動産の名義変更などの相続手続きは3ヶ月以内に行いましょう。

関連記事

家族が死亡後、もらえる手続き、引き継ぐ手続きの一覧表

家族が死亡後、やるべき手続きの一覧表

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る