相続放棄しても死亡保険金は貰える

相続放棄を行なうと、すべての相続財産を相続しません。

相続発生時から相続人ではなかったとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産も、受け継がれることはありません。

それでは、相続放棄を行うと「死亡保険金」も受け取ることができないのでしょうか?

結論から言うと、死亡保険金は、相続放棄をしていても受け取ることが可能です。
死亡保険金は、相続によって財産を受け継ぐのではないからです。

契約者と被保険者が同一人物の場合、死亡保険金は、はじめから保険金受取人の財産であることが理由。

死亡保険金は、契約者の死亡が大前提となっているので、死亡した契約者が財産を受け取ると考えるのは不自然なのです。

財産を受け取ることができる、つまり実在している人を保険金受取人として契約時に設定します。

契約者と被保険者が父、保険金受取人が子と設定されている場合

この場合、死亡保険金は、はじめから子の財産として考えられます。

死亡した父の相続財産ではないので、子が相続放棄を行なったとしても死亡保険金を受け取ることができます。

ただし、保険金受取人を自分自身に設定していた場合では、死亡保険金は相続財産に該当。

相続放棄をすると死亡保険金を受け取る権利も放棄することになります。

死亡受取人が誰に設定されているかによって、相続放棄をしても受け取れるかどうかが異なるのです。

また、死亡保険金は、みなし相続財産として、相続税の課税対象となります。

これは、死亡受取人を子に設定していても、自分自身に設定していてもどちらも課税の対象となっています。

相続放棄をした場合の死亡保険金の相続税計算方法

・保険金の非課税金額の適用なし

相続放棄を行うと、相続発生時のはじめから相続人ではなかったものとみなされることが理由です。

相続放棄をしなかった場合の死亡保険金の相続税計算方方法

・相続人1人あたり500万円までは非課税

死亡保険金は、ご遺族の生活保障が目的とされていることが多いので課税対象ではありません。

ひとりあたり500万円までは非課税。
死亡保険金について相続税がかかりません。

また、相続人が複数人いる場合、相続人のうち1人が相続放棄をし、他の相続人は相続をしたようなケースでは、死亡保険金の非課税金額については相続放棄した相続人も含めた数で算出されます。

つまり、ひとりあたりの非課税金額500万円の枠は相続放棄をした人の分も考慮することが可能。
以下のように、非課税枠を拡大することができます。

<例>
・夫が亡くなり、法定相続人が妻、長男、次男の3人。
・死亡保険金の受取人は、妻。
・長男と次男は相続放棄をした。

以上のような場合、妻の相続税の非課税枠は下記のように算出されます。

『法定相続人1人あたりの非課税金額(500万円)× 法定相続人の人数(3人)=1,500万円』

さらに、死亡保険金が相続税の基礎控除内でおさまっているのであれば、1,500万円を超えていても相続税の課税対象とはなりません。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る