遺産分割協議とは?遺産分割協議で相続財産に決着をつける

遺産分割協議とは、遺産分割協議書を作成し相続財産の分配方法を明確に決めることです。

相続では、悲しいことに相続財産を巡って争いが起きることがあります。
口頭で遺産分割方法を決めても、それを立証する方法がなければトラブルに発展する可能性が高くなります。

そこで遺産分割方法を協議し、そこでまとまった遺産分割方法を遺産分割協議書としてに書面に残すようになりました。

遺産分割協議書の書き方・サンプルなどはこちら

相続トラブルの原因

現在では、生前、親の介護中に親の財産を使い込み、相続発生時にその事実を他の相続人が知りトラブルに進展するケースも増えてきているようです。

また介護の問題は、多くの時間、お金、精神的ストレスなど、多くの負担をともなう場合が多いので注意が必要。
特に、誰か一人がその負担を背負っていると、その不満が相続時に爆発してしまうようです。

遺言書に全ての遺産の分割方法が書かれてない場合は、遺産分割協議が必要

相続が発生したときだけでなく、生前から遺産について、どのような分配を行うのか家族間で話し合っておくことが大切です。

相続が発生し、被相続人(亡くなった方)が遺言書を残している場合は、その内容通りに相続財産の分配が進められます。

ただし、遺言書にすべての遺産について分配方法が記載されていないも多いので、その財産については協議が必要。
何も手続きをしなければ、相続人全員の共有財産となります。

いつまでに分割手続きをしなければならない、という期限はありません。
しかしながら、そのままにしておくと、将来財産を処分しようとするときに、手続きが複雑になり労力は2倍、3倍、それ以上に増大します。

トラブルを未然に防ぐために、できる限り早く相続手続きを完了させることをおすすめします。

相続人に未成年がいる場合

また、未成年者の相続人がいる場合は、特別代理人の選任を受けることが必要。家庭裁判所で選任決議を行います。

未成年者は、法律上、判断能力がないと考えられています。
このため、未成年者に代わって意思表示をする特別代理人を立てる必要があります。

相続人に未成年がいる場合の手続き

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る