遺産分割とは?|相続財産を分割する方法

亡くなった方(被相続人)の相続財産(遺産)を分配することを遺産分割と言います。

遺産は相続が発生すると下記のように変化します。

  1. 相続人全員で共有している状態
  2. 遺産の全部、または一部について相続人の共同所有、単独所有に変更

2.の手続きを遺産分割手続きと呼びます。

まず、遺産は相続人全員の共有財産となります。

被相続人が亡くなると、遺産は相続人に権利が移動します。

相続人がひとりの場合は、1人の相続人がすべて財産を相続。
特に問題は発生しないでしょう。

しかしながら、相続人が2人以上いる場合には、相続人全員(複数人)で遺産を共有することになります。

この場合、ひとりで所有しているときには発生しない不都合が生じる場合があります。

例えば、遺産を処分する場合遺産について売買行為を行うには、相続人全員の同意が必要となります。

【関連記事】相続後の売却|非難されずに土地を売る方法

そのため手続きが複雑になり、遺産を処分する時間も相当時間を要します。

また、時間が経ってしまうと、誰が相続人であるのかを確定させるのも大変な労力を費やします。

このような煩雑な手続きを回避するために有効なことが遺産分割の手続き

相続人で遺産をどのように分配するのかを定めておけば、無駄な労力を削減することが可能となります。
遺産分割手続きを行う際に代表的なふたつをご紹介します。

遺産分割の方法

  • 遺言による遺産分割
  • 遺産分割協議による遺産分割

まず、被相続人の遺言書に、遺産分割の方法が書かれている場合です。

遺言書に基づいて遺産の分配を実施。
ただし、遺言書のなかに分配方法が書かれていない遺産がある場合には、別途、遺産分割協議が必要となります。

どの遺産を誰がどのくらい相続するのか細かく指定しておく方が手続きは進めやすくなります。

次に、遺産分割協議による遺産分割です。

相続人全員で遺産の分配方法を決定します。

時間が経ってしまうと相続人のなかでも、遺産分割前に亡くなっている方がいたり、相続人の関係が複雑になる場合もあります。

さらには、時間が経過することによって、遺産の分割状況が不明確で、現状を把握することが困難である可能性も高まります。

遺産分割には実行期限が設けられていません。

つまり「いつまでに遺産分割を行わなければならない」という規定は存在せず、遺産分割をしないまま放置しておくことも事実上は可能です。

しかし、実際問題として遺産をそのまま放置しておくわけにもいかないのが現実。
しっかりと遺産分割を行い遺産を有効活用する方が、被相続人の方も喜ばれるのではないでしょうか?

遺産分割手続きはなるべく早く着手する方が得策です。

4つの遺産分割法|メリットとデメリットをまとめてみました

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る