遺産分割をやり直すには?遺産分割協議をやり直す条件

遺産分割のやり直しを認めてもらうには要件があります

相続財産を分配するためにはまず、遺産分割協議書を作成します。

誰がどの遺産を相続するのか決めるのが遺産分割協議の役割ですが、一度遺産分割協議が成立してしまうと、原則として変更が不可能となります。

では、遺産分割協議のやり直しが可能となるケースがあるのでしょうか?
例外として、以下の場合は認められることがあるようです。

相続人全員の同意が得られた場合

遺産分割協議を行うのは相続人全員です。

全員の合意があれば、遺産分割協議のやり直しが可能とされています。

新たな遺産が発見された場合

通常、新しく遺産が出てきた場合に備えて、遺産分割協議において『後日遺産が出てきた時は相続人◯◯が相続する』と定める場合がほとんどです。

しかし、新たな遺産が遺産全体の大部分を占める場合は、遺産分割協議書が無効であることを主張することが可能です。

※注意点

遺産分割協議のやり直しによる財産の移動が、税務署から贈与と判断され、余分な贈与税がかかってしまう恐れがあります。

税務署は事前の相続税申告によって、誰がどの財産を相続したのか把握しています。

そのため、遺産分割協議の際にはこういった問題に十分に配慮した上で協議することが求められます。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る