遺産分割後に遺言書が出てきたらどうなる?

相続人全員が合意しないと、遺産分割が無効になることも

相続人が、遺言書の存在を知らずに遺産分割を行なった場合は、どうなるのでしょうか?

日本では、遺言者が1人だけで遺言書を作成することができる自筆証書遺言という遺言方式があるため、遺言書が遺産分割協議のあとに発見されることがたまにあります。

もし、そのときに遺言の存在や内容を知らないまま遺産分割協議を行ない、協議が成立した場合でも、遺言の内容が優先されることになり、遺産分割協議は無効となります。

しかし、相続人全員が、遺言の内容を分かった上で、それでも遺産分割協議の内容を優先するとの相続人全員の合意があれば、その合意が優先されます。

なので、相続人の中で1人でも異議が出て全員音合意ができない場合は、改めて遺言に従った再度の遺産分割をしなければいけません。

遺産分割協議後に遺言が見つかったケース

ここで参考として、相続人全員で遺産分割協議をしたあとに遺産分割方法の指定した遺言書が見つかった事件が過去にあります。

そのとき、最高裁は「遺言の存在を知らないで行った遺産分割協議は、要素の錯誤により常に無効になるとはいえない」と判決(平成5.12.13)が出ています。

つまり、遺産分割協議が終わってから遺言書が見つかっても、遺言の内容を知っていれば、遺産分割をしなかっただろうという相続人がいる場合に遺産分割の無効を主張できるということになります。

※遺言書に遺言執行者が指定されている場合は、遺産分割が再度、協議されることもあります

※遺言書に相続人以外への遺贈等が書かれていたり、子の認知や相続人廃除するなどの身分に関係するようなことが書かれていたりする場合は、相続人や相続分が遺言書によって変わってくるので、あとでトラブルになってしまうのを防ぐために、遺言の指定どおり遺産分割を行うことが必要です

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る