4つの遺産分割法|メリットとデメリットをまとめてみました

相続財産である遺産を公平に分けるには、まず最初に遺言書の有無を確認します。

そして、相続人の該当者を確定させ、相続財産の調査と手続きを進めていきます。

遺産分割の方法は

不動産:土地や土地に固定しているもの

動産:不動産以外のすべてのもの

のどちらかで、大きく異なります。

現金などの動産は1円単位で簡単に分割することができますが、土地や建物の不動産はそのものを分割することができません。

ここでは、遺産分割をする具体的な方法をご紹介します。

  1. 現物分割
  2. 換価分割
  3. 代償分割
  4. 共有分割

現物分割とは

現物分割とは、Aは自動車、Bは宝石、Cは家屋、Dは土地、というように相続人それぞれが、相続する財産を決めることです。

最もわかりやすい分割方法ですが注意点が1つ。

遺産の種類によっては、各相続人に平等に遺産分割することができず、高価な財産を相続した人が、他の相続人に対して金銭を支払うなど埋め合わせが必要となります。
この埋め合わせについては、代償分割の説明欄でご紹介します。

換価分割とは

換価分割(かんかぶんかつ)とは、相続財産を売却して換金したお金を相続人で分配する方法です。

相続財産の売却は一部でも全部でも構いません。

いずれにしても汎用性が高いお金に換金し、1円単位でわかりやすく遺産分割を行う方法です。

ただし、この方法にも注意すべきポイントがあります。

まず、不動産や株券などは価格が一定ではなく、売却タイミングによって資産価値が変動すること。

このため、相続人ごと平等に分割したつもりでも、売却時に価格が変動し、結果として満足できる対価を得られない可能性が発生。

また、売却時に税金が課税されるなど出費も増え、遺産価値が減少してしまう可能性もあります。

このようなリスクもしっかり考慮したうえで分割方法を決めた方が良いでしょう。

代償分割とは

代償分割(だいしょうぶんかつ)とは、土地や建物などの不動産や高額な財産を分割する際によく用いられる手法です。

高価な財産を相続した人が、他の相続人に対して相続割合の差額等を支払う遺産分割方法。

例えば、「長男が自宅の土地と建物を相続し、その代わりに、次男に1,000万円を支払う」という遺産分割方法です。

この分割方法は、不動産などの高価な遺産を引き継ぐ場合や、会社経営を受け継ぐ場合などに活用されます。

相続人が他の相続人に対して代償費用として現金等を用意できないのであれば、活用が難しい遺産分割方法です。

共有分割とは

共有分割とは、遺産を相続人全員で共有しておく分割方法です。

相続割合に応じて財産を共有。

自宅を相続する場合、売却手続き等を経ることなく相続することが可能となります。

ただし、売却する際に共有者全員の同意が必要であり、相続人の死亡等によって複雑な相続関係になった場合はトラブルに発展するリスクが発生。

遺産分割の対象となる財産を長期的に共有しておいて問題がないか、しっかりと検討することをおすすめします。

以上のように、遺産分割の方法もそれぞれメリット・デメリットがあります。ご家族で相談しながら、自分たちの目的に一番沿った遺産分割方法を選択したいものですね。

遺産分割の方法でお困りの方は、相続対策コンサルタントにご相談ください。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る