不動産の名義変更(相続登記)に必要な3つの書類

名義変更に必要な書類は、大きくわけて3つ

名義変更に必要な書類を聞かれてパッと答えられる人はそうそういないでしょう。

相続は100件あれば、その100件分のバリエーションが考えられるくらい定型化されないものです。

その中では、一般の本にも書かれていないような書面を、法務局から持って来てくださいと言われることは実は多々あります。

そのために専門家が必要なんだな、と思ったりもしますが、ここで具体的な件を紹介しきることは難しいので、一般的な書面を下記に紹介します。

①登記原因証明情報

簡単に言えば、法務局にこの人が亡くなってこの人が相続することになりましたよ、と報告する書面です。

例えば

・戸籍謄本
・遺産分割協議書
・遺言書

などが挙げられます。個別の事例によってもかなり異なりますので是非ご確認をして下さい。

②住所証明書

いわゆる住民票です。相続される方のものが必要になります。

③評価証明書

物件(土地・建物)の評価額が分かる書面です。

都税事務所や市役所・町役場などで取得できます。

通常はこの3点ですが、これら以外に必要になる書面もあったり、どの書面をとってもそれぞれ的式なものでなければなりませんのでご注意下さい。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る