相続登記で権利証を紛失。権利書がないと相続登記できない?

相続登記は、個人でも手続きをすることができます。

>>「相続登記を自分でやる方法」を知りたい方はこちら

博士、おばあちゃんの家の相続登記をしようと思ったら権利証がないんだ。パパもママも探してくれたけど見つからないんだ。どうしよう~

権利書ってものすごく大事な書類よね。わが家はあるのかしら……

ふたりとも大丈夫じゃ。心配する必要なないぞ

登記識別情報(以前の制度では「権利証」と言われていた)を紛失してしまっても、相続登記ができるのか確認していきます。

権利証がなくても相続登記できる

相続登記には権利証は提出しません。

不動産の売買のときには、登記済権利書(権利証)を提出しますが、相続登記の際は添付書類に入っていません。

地番を確認できれば、不動産登記事項証明書(登記簿謄本)を取得できれば相続登記は進めることが可能。権利証にはもちろん地番が記載されていますが、法務局(登記所)でも地番を調べることができます。


法務局で「地番照会、お願いします」と伝えると、係の方が地番を調べて教えてくれるのじゃ

例外的に権利証が必要になるケース

原則、相続登記の手続きで権利証は必要ありません。しかし例外的に必要となるケースもあります。

被相続人(亡くなった方)の戸籍上の住所
登記簿上の住所の一致が確認できない場合

住所は、通常、住民票で確認をとります。住民票は保存期間があり、5年以上を超えると住民票を取得できなくなってしまいます。

このような住民票が発行されないケースでも、戸籍の附票が取得できれば戸籍上の住所と、登記簿上の住所が一致しているか確認をすることができます。5年が経過すると保存期間が過ぎてしまうので住民票同様、戸籍の附票も取得することができません。

このような場合は、相続人全員の上申書や、印鑑証明書を提出することで代用できる場合もあります。法務局によって判断がわかれるところではあるので、相続登記の専門家である司法書士などに相談をしてみると良いでしょう。

>> 司法書士に確認したい方はこちら

問合せフォーム

そもそも、権利証(権利書)とは?

2005年に新不動産登記法が施行されました。これによって権利証制度から登記識別情報制度に切り替えられ、現在は、権利証を新規で受け取ることはありません。登記識別情報と呼ばれる12文字の文字情報(パスワード)を受け取ります。

登記識別情報通知書はとても情報になるので、目隠しシールが貼られた状態で交付されます。このシールははがすことことなくそのままの状態で保管しましょう。

また、2015年からは、登記識別情報のパスワード以外にQRコードも記載されるようになりました。

登記識別情報_見本

権利書はいつ必要なの?

不動産を売買したり贈与したり、不動産を担保にしてお金を借りるとき(抵当権を設定するとき)など、不動産の重要な取引きをするときに必要です。

  • 不動産を担保に入れるとき
  • 不動産を売買、贈与したとき
  • 権利書を使う機会は数える程度。日常的に使うことはありません。だからこそ、どこかにしまい込んでわからなくなってしまう方もいらっしゃいます。

    それでは、権利書がない場合は再度交付してもらうことはできるのでしょうか?

    権利書は再発行してもらえない

    権利証で覚えておかなければならないことは再発行をしてもらえないということ。これは現行の登記識別情報でも同じ。なくしてしまった場合は、再発行は認められていません。

    その場合は、登記識別情報(権利証)に代わる手続きが必要です。

    登記識別情報(権利証)を紛失してしまった時の手続き

    不動産の売買や譲渡、抵当権の設定時など、登記識別情報の提出が必要なのに提出ができない場合は、代わりの手続きが必要です。

    司法書士、土地家屋調査士、弁護士などの資格者代理人による本人確認情報の提出、公証人の認証、事前通知制度を活用することによって権利証や登記識別情報の代わりとして手続きを進めることができます。

    まとめ

    権利証・登記識別情報は、確かにとても大切な書類です。しかし、権利証がないから登記手続きを進めることができない訳ではありません。相続登記に関しては提出も求められていないので、ご安心を。

    大切な書類ではありますが、紛失してしまっても登記手続きができない訳ではありませんので、気にしすぎなくて大丈夫です。

    タグ: 相続登記
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る