親の介護をしても報われない?寄与分でも多く相続できないケース

親の介護を巡って相続トラブルに発展するケースが増えています。
自分の仕事や子育てをしながら、親の介護までするのは本当に大変なことです。
そんな苦労をした人としていない人が、相続では平等に扱われてしまうのは納得ができない方も多いのではないでしょうか?

親の介護をしても、介護をしていなくても相続分は平等?

太郎
博士、親の介護をしていたら、その分、相続財産はたくさんもらえますよね?
花子
その言い方……
まぁ、気になるけど
太郎
介護をするのはお金のためじゃないけど、せっかく介護をしても報われないのは悲しいじゃないか
花子
確かに、介護をした人と、介護をしていない人が同じ相続分だとすると不平等な気もするわ
相続博士
気持ちはわかるが介護の寄与分は難しいケースが多いのじゃ

相続手続きは、遺言書があれば遺言に沿って手続きを進めていきます。
遺言がない場合は相続人で遺産分割協議を行わなければなりません。相続人間で協議がまとまらない場合は家庭裁判所の審判を利用し手続きを進めていきます。

【参考記事】
寄与分が認められた判例|相続分が多く認められたケース

参考記事に記載のとおり、親の介護が寄与分として認められるには一定の条件があります。
どのような条件をクリアしなければならないのでしょうか?

 

寄与分が認められるための条件

寄与分については民法に規定があります。第904条の2項ではこのような決まりがあります。

民法 第904条2項
1.
共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、第900条から第902条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする

この規定を踏まえて、特別の寄与として認められるには下記もクリアする必要があります。

  • 通常考えられるサポートを超えていること
  • 相続財産の維持または増加と相当の因果関係があること
  • 無償のサポートであること
  • 共同相続人であること

それでは、具体的にどのようなケースは寄与分が認められないのか事例を確認してみましょう。

介護が特別の寄与として認められないケース

毎日病院にお見舞いに行き、被相続人を喜ばせていた子

病院や介護施設にお世話になると、頻繁に会いに行く人と、行かない人で別れる場合が多いようです。遠方に住んでいたり、それぞれの家庭や仕事の状況によって物理的に通えない方もいらっしゃるでしょう。となると、親族のなかで、実家から一番近くに住んでいる人や時間の調整がつきやすい方に負担が集中することも。

病院

晩年、孤独に過ごす時間はとても寂しいものです。

花子
私のひいおばあさんが亡くなるときに、こんなことを言っていたわ。

人間はみんな死んでいくものよ。そして、死に方が大事。
日本には「終わり良ければすべてよし」ということわざがあるのよ。人生も同じ。最期が幸せな10年間だと、きっと「自分の人生は幸せだった」と満たされた気持ちで旅立てるはず。

その最期の10年を一緒に過ごす人は、きっと自分にとって一番大切な人たち。仕事仲間でもなくお客様でもなく、家族や友人たち。
だから、元気なうちから誰が自分にとって大切なは人なのかちゃんと見極めないといけないよ。大切な人を大切にしないと、自分も大切にされないものなのよ。

人生の最期を迎えるとき、ただ一人で時間が過ぎるのをひたすら待つのか、家族や友人、大好きな人と楽しい時間を過ごし穏やかな気持ちで過ごすのか、全く違う人生となるでしょう。

ただし、このような場合は寄与分が認められません。

どんなに精神的な充足を与えたとしても、それは被相続人の財産には影響をもたらさないからです。あくまで、財産の維持もしくは増加に貢献したことが評価対象となっているため、目に見えない形で貢献したとしても、法的には認められません。

太郎
厳しいなぁ……

ひとりで介護を行ってきた、長男の嫁(長男はすでに他界)

若くして病死した旦那さん(配偶者)の両親と同居してきたお嫁さん。
両親が老いてからは自宅で介護をひとりで行ってきました。血が繋がっていないものの長男の嫁として、義父から親切にしていただいたこともあり、最期まで感謝に気持ちを伝えられるよう献身的に介護を続けました。

介護

「最期も一番落ち着ける自宅で見送りたい」と、施設は利用せず、義父と同居しながらの生活。長男の兄弟は存命ですが、遠方に住んでいることもあり、なかなか手伝ってもらえる状況ではありませんでした。

結局、最後まで一人で介護をやり遂げました。義父にも義母にも大変感謝され、長男の嫁として責任を少しは果たせたかな?と胸をなでおろしたものの、義父は遺言書を残していませんでした。このため、遺産分割の話になると親族だけで話は進んでいき、長男の嫁が出る幕は1ミリも残されていませんでした。

義父の介護は本当に大変だったのに、「ありがとう」の一言で片づけられてしまうなんて、なんだか悲しい。

残念ながら、長男の嫁は法定相続人ではありません。法定相続人以外に相続財産を分配するには遺言書が必要。義父の遺言がなければ、法定相続で遺産分割協議を行うことになります。

長男の嫁は相続人ではない

介護施設を頼ることなく、献身的な介護をした内縁の妻

入籍はしなかったものの長年一緒に住み、最期まで献身的に介護をした内縁の妻。ふたりの時間を大切にして生活。婚姻関係はなかったものの実際には家族のようにともに連れ添ってきました。
介護2

それでも、内縁の妻は先ほどのケース同様に、法定相続人にはなれません。日本の堅苦しい法制度に縛られず自由な関係を築くことができますが、その分、相続の世界では相続人としての権利は認められていません。気になる方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

【参考記事】
事実婚を選ぶと相続に不利ってホント?

寄与分が認められなくても相続分を受け取る方法は?

遺言書を残しておきましょう。遺言書があれば法定相続人でない人にも遺産を残すことが可能。財産の維持・増加に直接的には関与していなくても精神的に助けてもらった方にも感謝の気持ちを届けることができます。

生前から相続の話はしにくいかもしれません。しかし、遺言書がないために大切な家族が争いを繰り広げ、修復できないほど人間関係を壊してしまうケースも少なくありません。旅立つ方の想いを引き継ぎ、残された家族が前を向いて楽しい毎日を過ごせるよう、少しずつ準備を進めていけたら良いですね。

タグ: 介護 失敗 寄与分
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る