相続人とは?法定相続人はどのような人がなるものか

法定相続人とは?

奥さんと子供など一定の血族(いわゆる血のつながった親族)には、法律により相続財産・背負ってしまっていた借金などの相続するべき割合(法定相続分)が定められています。このような人たちのことを法律では法定相続人と呼んでいます。

被相続人は、遺言書を書いておくことで、相続人や財産の分割方法などの遺志を相続人に伝えることができます。

これら相続人は、相続の開始したこと、相続財産・債務がどの程度あるか、知っていても知らなくても、また生まれたばかりの赤ちゃんでも、亡くなられた方(被相続人)のすべて財産や借金などは、相続人のものになります。

どのような人が法廷相続人になるのか?

第1順位 被相続人の子(子が死亡している場合は孫)
第2順位 被相続人の父母(父母がいない場合は祖父母)
第3順位 被相続人の兄弟姉妹(死亡している場合は兄弟姉妹の子、すなわち被相続人の甥・姪)

「相続人になるか、ならないか?」は、本当に最後の最後の戸籍まで調べてみなければ、判断をくだすことはできません。戸籍を調べてみたら…なんていうことはよくある話ですのでご注意を!

法定相続人と相続分については、こちらのページで例を交えて詳しく解説しています。

■耳寄り情報■
相続手続きに必要な戸籍の収集や不動産の名義変更など、相続に必要な手続き全てをおまかせできる、相続の専門家はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る