相続争いを防ぐためにできること

相続人同士での争いの防御策

相続では、財産が大きく動くことがあるので、相続人同士で争いが起きてしまう件数も増えています。

相続人間の相続財産が10万円の差であっても、話し合いでは解決せず、裁判を続ける兄弟なども少なくありません。

どんなに仲が良い親族であっても、当事者同士で争いを解決できなければ、裁判によって相続手続きを進めなければならなくなるのです。

そんな相続争いを防ぐためにあるのが、遺言書です。
遺言書を書くことで、相続財産についてどのような考えもち、どのような分配が理想なのか、自分の意志を伝えることができます。

「うちの家族は仲がいいから」「うちにはそんなに財産がないから」

といって、家族に相続を丸投げしてしまうことが、一番の相続争いを生む原因なのです。

現代では、核家族化が進んできました。これに伴い介護問題が深刻化しています。

「老老介護」と呼ばれるような、高齢者が高齢者を介護しなければならない状況であり、これは大きな社会問題にもなっています。

介護問題と相続

介護は、肉体的・精神的苦痛のみならず、金銭的にも多くの負担を強いるケースが多いのが現実。

相続人のうち1人が、被相続人(亡くなった方)の介護をしていたような場合、その介護の労力を考慮することなく相続人同士の均等割りで相続しようとした際に、トラブルに発展する事例も増えてきています。

そして、どんなに手厚く介護をしてくれた人であっても、法定相続人に該当しない場合には遺産分割協議にすら参加することができません。

長男の配偶者の方などが多くこのケースに該当するようです。

生前、自分に対して優しく世話をしてくれた人に、少しも財産を与えることができないのは、少し寂しいですね。

そのような場合は、遺産分割の方法を遺言に書き記しましょう。
遺言に残しておけば、法定相続人に該当しない人であっても遺産を相続することが可能になります。

相続人でも「介護をしていた」という事実だけでは、寄与分が認められることはありません。

「お世話になった分、多く財産を残したい」相続人がいる場合、しkっかり遺言書に記述を残しておきましょう。

例)「介護をしてくれた息子の○○には、他の相続人より□□円多く相続させる」

兄弟間の争い

相続人同士の争いのなかでは、兄弟間の争いが多いのも注目すべきポイントです。

相続人が、配偶者とその子供である場合は、親子関係が悪くない限りトラブルに発展することはありません。

これは、配偶者が相続した財産は、配偶者が亡くなった際に、子供に受け継がれることになるからです(二次相続)。

被相続人(亡くなった方)の配偶者がすでに亡くなっている場合には、特に、兄弟同士の争いが激しくなることが多いようです。

配偶者、つまり、兄弟にとって親(父親もしくは母親)が、法定相続人として存在しているときには、たとえ争いが起きたとしても大きく発展することはまれです。

やはり、兄弟間の争いを親が喜ぶはずもないので、奪い合う気持ちも半減するのかもしれません。

残された家族のために遺言書を作成しましょう

自分の死後に、このような相続人間で争いを起こさせないためには、生前から相続財産についてどのような考えもち、どのような分配が理想なのか、自分の意志を伝えておくことが大切です。

そして、口頭で伝えるだけではなく、トラブルを未然に防ぐため、遺言書を作成する方も増えてきています。
ただし、遺言書には、書式やルールがあり、不備があると有効化されない場合もあります。

遺言書の種類について詳しく知りたい

遺言書のことで不安な点やわからないことがありましたら、当サイトを監修している相続対策コンサルタントの無料相談をご利用ください

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る