相続の順位とは?法定相続人と法定相続分

法廷相続人とは

「法定相続人」とは、被相続人(亡くなった方)の財産を受け継ぐ権利がある方のことです。法定相続人のうち、相続放棄をしたり、相続権を喪失した人のことは「相続人」と呼び、一般的に、法定相続人とは区別して考えられています。

また、法定相続人の中でも相続できる順番が法律で定められています。相続の優先順位を法律で規定することによって、遺産を巡る法定相続人間の争いを極力少なくすることが目的。民法で以下のように定められています。

下記の優先順位とは別に、必ず相続人になる人=配偶者(夫・妻)

第1順位  被相続人(亡くなった方)の子供や養子

被相続人(亡くなった方)の子供や養子が相続人となります。子供がすでに亡くなっている場合は孫が相続人に。
子供も孫も亡くなっている場合は、ひ孫が相続人となります。
ひ孫以下は、相続人にはなりません。

第2順位  被相続人(亡くなった方)の父母

被相続人(亡くなった方)に子供、孫、ひ孫がいないときは、父母が相続人に。
もし、相続発生時、すでに父母の両方が亡くなっている場合は、被相続人(亡くなった方)の祖父母が相続人になります。

第3順位  被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹

第1順位、第2順位の相続人が誰もいない場合は、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹が相続人になります。

すでに、兄弟姉妹も亡くなっている場合は、兄弟姉妹の子供まで相続権を持ちます。
つまり、被相続人の甥(おい)と姪(めい)まで、相続する権利が認められています。

もし、甥(おい)と姪(めい)が亡くなっている場合には、民法で決められた法定相続人は存在しないことになります。

また、法律上夫婦と認められていない内縁関係の者には、相続する権利が認められていません。

しかしながら、内縁関係の者との子供については、第1順位の相続人として相続権が認められています。

【第1順位:子供と配偶者が相続人の場合】

=子供2分の1、配偶者2分の1の割合で相続たとえば、相続財産が1,000万円の場合、子供500万円、配偶者500万円の割合で相続します。
子供2人と配偶者の場合には、子供1が250万円、子供2が250万円、配偶者500万円という割合で相続。
子供が複数にいる場合には、2分の1の相続分を子供の人数で分割して相続することになります。

【第2順位:父母と配偶者が相続人の場合】

=父母が3分の1、配偶者が3分の2たとえば、相続財産が1,200万円の場合、父母が400万円、配偶者が800万円の割合で相続します。

【第3順位:兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合】

=兄弟姉妹が4分の1、配偶者が4分の3たとえば、相続財産が1,000万円の場合、兄弟姉妹が250万円、配偶者750万円の割合で相続します。

なお、上記のすべての例において、配偶者がすでに亡くなっているケースでは、それぞれの順位の法定相続人がすべての財産を相続することになります。

【関連記事】相続をさせない3つ方法|あの子だけ相続させたくない場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る