相続税の税率|相続税の計算方法

相続税の計算方法は、各人が実際にもらった財産に直接税率をかけるというものではありません。

遺産総額から基礎控除額(3000万円+(600万円×法定相続人の数))を差し引いてから、相続分により各相続人に按分した額に税率をかけます。

課税標準額 税率 控除額
1,000万円以下 10% なし
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

夫が亡くなり、妻1人、子2人で遺産が2億円でした。

法定相続分の通りに妻が1億円、子2人はそれぞれ5000万円ずつと決めました。その時の相続税の計算方法です。

①基礎控除を引く

(法定相続人が3人いるので基礎控除額が4800万円となります。)

2億円 - 4,800万円 = 1億5,200万円

②法定相続分で按分し相続税の総額を決めます

妻の税額 (1億5,200万円÷2)×30%-700万円=1,580万円
長男の税額 (1億5,200万円÷4)×20%-200万円=560万円
次男の税額 (1億5,200万円÷4)×20%-200万円=560万円
合計 1,580万円+560万円+560万円=2,700万円

③実際の取得額で按分

妻の税額 2,700万円÷2=1,350万円
長男の税額 2,700万円÷4=675万円
次男の税額 2,700万円÷4=675万円

つまり、相続税は妻が1350万円、長男と次男はそれぞれ675万円を支払うことになります。

ただし、配偶者である妻については、とても大きな配偶者控除と言われるものがありますので、今回のケースでは、配偶者控除の申請をすることで非課税となります。

配偶者控除の申請をしたときは、長男と次男がそれぞれ675万円の相続税で済みます。

妻分の1350万円の税金が無くなるということです。

2015年1月に相続税が増税になったため、相続税が発生する割合が相続全体の約4%から地域によっては10%ほどまで上がりました。

相続の手続きは、遺言書の有無の確認から始まり、相続税の申告で終わります。相続には面倒な手続きや専門用語がたくさん出てきます。

自分で手続きをするのは大変かもしれませんが、専門家に依頼すれば、戸籍の収集や、名義変更など必要な手続きをまとめておまかせできます。

タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る