相続税を払い忘れてしまったら?|相続税の延滞金

相続税を払わないと延滞金がかかる!

相続税の申告は、通常、被相続人(亡くなった方)が死亡した日の翌日から10ヶ月以内に、被相続人が亡くなった当時の住所地管轄の税務署に対して行わなければなりません。
もし、申告期限内に申告しなかった場合には、相続税以外に、加算税や延滞税などの税金が課金されます。

相続税が多額の場合は、加算税や延滞税も高額になるので注意が必要。
対応スピードが重要となるので、知識が豊富な専門家のアドバイスを得た方が迅速に手続きを進めることができるでしょう。

無申告加算税

無申告加算税とは、正当な理由なく、期限内に申告しなかった場合に課される税金です。

期限内に申告をせず
1)税務調査により期限後に申告…納税額に対して15~20%の税率を課税
※納税額が高額の場合、通常より2割多く納税する必要があります

2)期限後、自主的に申告…納税額に対して5%の税率を課税

過少申告加算税

過少申告加算税とは、申告期限内に提出された申告書記載の金額が過少であった場合に課される税金です。

ただし、正当な理由がある場合や、更正を予知せず修正申告をした場合には課税されません。

1)申告期限までに相続税の申告書を提出し、その申告書の税額が過少であった場合、自主的にする修正申告した場合…課税額は、ゼロ

2)申告期限までに相続税の申告書を提出し、その申告書の税額が過少であった場合、税務署に指摘されてする修正申告した場合…納税額に対して10%の税率を課税

3)申告時の税額と、50万円とを比較し、いずれか大きい金額を超える場合…超過分に対して15%の税率を課税

重加算税

重加算税とは、隠蔽や偽装がある場合に課される追加課税です。

1)申告書を提出し、財産を隠蔽、または、事実を偽装していた場合…35%

2)申告書を提出せず、財産を隠蔽、または、事実を偽装していた場合…40%

延滞税

期限までに税金が納付されない場合、納付期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。

1)納付期限の翌日から2ヶ月を経過するまで・・・・原則として年7.3%
ただし、前年の11月30日の公定歩合+4%の方が低利率の場合は、その割合を適用します。

平成22年1月1日~平成23年12月31日までの期間:年4.3%
平成21年1月1日~平成21年12月31日までの期間:年4.5%
平成20年1月1日~平成20年12月31日までの期間:年4.7%
平成19年1月1日~平成19年12月31日までの期間:年4.4%
平成14年1月1日~平成18年12月31日までの期間:年4.1%

2)上記経過後の場合、年14.6%

延滞税がかからない場合

以下に該当すると延滞税が免除となります。

1)税務署職員の誤指導
2)申告書提出後の法令解釈の明確化等
3)申告期限時の課税標準等の計算不能

しっかりと期限内に申告・納税していれば加算されない加算税、延滞税。
本来払う必要がないものなので、しっかりと準備をして申告期限内に手続きを完了させましょう。

◆相続税対策に関するご質問やご相談も受け付けております。ご気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ

タグ: 滞納
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る