暦年贈与とは?贈与税がかからない金額は1人110万円以下

簡単にできる相続税対策 【暦年贈与】 についてお話したいと思います。

暦年贈与とは、暦年=1/1~12/31までの間に受けた贈与の金額が
「1人110万円以下なら、贈与税がかからない」という制度です。

相続税や贈与税を節税するために

被相続人(相続する人)が元気なうちに毎年、110万円ずつ、何人かの相続人(子や孫、子の配偶者など)に暦年贈与しておけば、非課税で財産を渡すことができるのです。

毎年110万円貰えるなんて…すごい!!
と思ってしまうのですが、何千万や何億という財産を所有する方もいるわけですから
早いうちからコツコツと暦年贈与をしておくことをオススメします。

しかし
暦年贈与にも落とし穴があります…

暦年相続の落とし穴

被相続人が病気になったり、身体を悪くしてしまい急いで生前贈与をはじめても、相続の開始(被相続人が亡くなった日)から3年間さかのぼって相続財産として計算されてしまうので、相続税がかかってしまう場合もあります…

※法的に相続の権利がない、子の配偶者や孫へ暦年贈与をしておけば
さかのぼって計算されても相続税の課税対象にはなりません

相続税には、早めの対策が肝心ということです。

【関連記事】3年以内の贈与でも相続税がかからない3つのケース

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます関連記事 ~この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます~


  • ページのトップへ戻るページのトップへ戻る